でらび~はB型通園事業から変わり2012年から児童発達支援事業、放課後等デイサービス合わせて5名の定員で行っています。

昨年度3名の児童発達支援の利用者さんが卒園し、現在は放課後等デイサービスとして放課後や長期休みなどに利用しています。

就学前から大人になるまで、長く利用できる施設なので、学校へ上がったあとのフォローや他のサービスの案内など、重度の障害を持つお子さんのいるご家庭のサポートをしています。

【児童発達支援事業】:男児3名 女児0名 計3名 /医療的ケア:胃瘻1名、経鼻経管栄養1名、吸引2名

【職員配置】:児童発達支援管理責任者1名 / 保育士2名 / 看護師1名 /  機能訓練担当職員1名


<児童発達支援1日の流れ>

10:00  登所 水分補給

10:30~ 朝の会

(朝の歌、歌による呼名、絵本、季節の歌など)

朝の会後午前中の療育 

・大豆あそび  ・エアトランポリン

・紙遊び  ・シーツブランコ

・楽器遊び  ・姿勢作りなど

11:30~ 食事の準備 昼食

13:30  ミーティング

14:00  午後の療育(生活介護と一緒に)

15:00  帰りの会

(帰りの歌、歌によるあいさつ)

15:30  全体の帰りの会


就学が近づいた利用者、保護者対象に富士特別支援学校への学校見学も行っています。

個別に医療的ケア、ご家庭の事情をお聞きして対応できるように、
保護者とのコミュニケーションを大切にしています。

午睡が必要、注入に時間がかかる、吸引が頻回、入院前でゆっくり過ごしてほしいなど、
子どもそれ
ぞれの都合に対応し、
重心の子どもでも本人のペースを乱さず、毎日通える施設を目指しています。

月に1度程度は保護者も参加できるような、行事を企画しています。
※その他、なんでもご相談ください。

【放課後等デイサービス】:登録人数 26名

医療的ケア:胃瘻14名、経鼻経管栄養2名、吸引11名酸素吸入1名

放課後等デイサービスの方は基本的に送迎、入浴は利用できません。(要相談)

学校への送迎:13時10分の学校へお迎えのみ行っています。

       帰りはでら~とへお迎えをお願いします。

医療的ケアの児童に関しては、喀痰吸引3号研修の対象であれば対応しています。


・日課:ふれあいリラックス体操、シーツブランコ、姿勢作りなど体を動かす遊び、感触遊び(大豆あそび、新聞遊び、楽器あそび)

・散歩、野菜の収穫、レクリエーション、夏はプールも行なっています。プールは寒さに敏感な子どもさんもいるので温水で行い、吸引が頻回な利用者さんには吸引器をプールの脇に準備して、職員も一緒に入ります。スイマーバを利用したり、浮き輪を使ったり、抱っこしたりなどお子様に合った細かい対応を心掛けています。

活動の様子

春   お散歩、公園遊び、お花見
春の親子遠足(児童発達)
夏 プール
夏祭り(児童発達)
ボディペインティング 作品(おしりちょうちょ)
秋の親子遠足(H28年度 KABABAS)
冬  ハロウィン   クリスマス
普段の療育   ハンモック    光遊び(スヌーズレン)
制作

でらび~は、でら~との中にあります


JR東海道新幹線 新富士駅より車で20分~
JR東海道線 富士駅より車で20分~
東名富士IC 西富士道路広見ICより車で3分~
新東名 新富士ICより車で5分~


社会福祉法人 インクルふじ TOP